消費者金融の金利を下げるには


消費者金融審査甘いの金利を下げるために誰でも思い浮かぶ方法は利用限度額を増額することですが、これ以外にも利率を下げる方法があるのです。

限度額の増額以外にも消費者金融の金利を下げる方法は、利率を下げてもらうように直接交渉することです。交渉する際に必要な条件は優良顧客であるということです。金融会社にとっての優良顧客とは、返済の遅延がない・利用期間が長い・利用額が多い、の3点を満たしている客のことで、他の会社に乗り換えてしまうのを防ぐために利率の引き下げに応じてくれる場合があるのです。これにはある程度の利用期間が必要で、利用開始からおおむね半年から1年以上、借入金額は数十万円単位で毎月分割で返済しているようなケースです。優良顧客に逃げられるのを防ぐ目的以外にも、消費者金融が利率の引き下げに応じてくれるケースがあります。それは、多額の借入をしていて返済が厳しい時です。このような場合に任意整理などの債務整理を防いだり、銀行のおまとめローンなどの低利の融資に切り替えてしまうのを防ぐために金利を引き下げることで、顧客に利用を続けてもらおうとすることもあります。これまで返済を続けて来てくれた顧客が債務整理をしたりおまとめローンに切り替えてしまったら、その時は全額返済をしてくれても顧客を失う事になってしまうことになるからです。

消費者金融は銀行カードローンよりも柔軟に対応してもらえるケースがあり、利率が低い他の会社への切り替えを検討していたり、返済が厳しいような時に、利率の引き下げを直接交渉してみることが出来るかもしれません。

関連記事